プロポリスって何?

プロポリスはサプリメント等で目にする名前のひとつですが、いったいどんなもので、どんな効果があるのでしょうか?
実はこのプロポリス、健康食品だけではなく、医療の現場でも威力を発揮する優れた効果を見せてくれます。
「天然の抗生物質」という異名を持つほど、様々な病原菌から私達を守ってくれる優れものなのです。

プロポリスとは

プロポリス(propolis)とは、ミツバチが作った樹脂製混合物です。
木の芽や樹液が主な原材料になっており、別名「蜂ヤニ」とも呼ばれる物です。
語源はギリシャ語で、【前】や【防御】を意味する「pro(プロ)」と、【都市】を意味する「polis(ポリス)」を合わせた言葉です。
これは、蜂が巣を守るために使っていたからではないか?と考えられています。
このプロポリスは、蜂の巣の隙間を埋めるセメントのような材料として利用されています。
セメントの埋め幅は、最大で6mm程度です。
それ以上の隙間になると、プロポリスではなく蜜蝋で埋められています。

プロポリスの色は、原材料となる植物の色で決まります。
最も一般的な色は暗褐色です。
プロポリスは温度の高い環境にあると、柔らかく粘りが出ますが、温度が低い環境にあると、固く壊れやすい性質を持っています。

蜂が紡ぎだす万能の秘薬

少々言葉が大げさに聞こえますが、プロポリスは「万能の秘薬」といっても過言ではないほどの効果・効能を見せてくれます。
そんなプロポリスは、古代ギリシャ時代よりも前から知られており、腫瘍や炎症に効果があると信じられていたようです。
現代の科学・化学だから判明していることではありますが、プロポリスには抗菌物質と同様の働きをする性質があり、強い殺菌効果があったからです。
偶然からの発見だとは思うのですが、それにしても、古代の人々の観察眼や気付きには本当に驚かされますね。

プロポリスで病気の症状を緩和できる?

多くの健康食品も同様ではありますが、プロポリスも現在進行形で研究が進められています。
とりわけ、プロポリスは医療の現場で活用が期待されている物質ですので、病気の症状を緩和する効果について注目されています。
プロポリスは病気の症状を緩和してくれる有効な手段と考えても間違いはないでしょう。
なぜならば、そんな効果・効能が感じられたからこそ、古代から現代まで脈々と受け継がれてきたのではないでしょうか。
しかし、薬ではありませんので病気に対して劇的な回復を望むのは間違っています。
こちらのサイトでは、人気の高いプロポリス製品が紹介されています。
健康に良いプロポリスを摂って毎日生き生きとした生活を送りましょう。